サラリーマン転勤族。20代の独身寮

私は40代男性のサラリーマンです。
趣味はカメラをもってぶらぶら散歩やハイキングなどです。
・行動した経緯や時期
 20代のころに、転勤になって会社の寮に入りました。
男性寮で、共通のロビーと廊下となっている寮でした。
同じ年代の人が多く仲良くなって、朝まで麻雀などして楽しい記憶がありました。
 さすがに40代の今、男性独身寮に入るのはちょっと大変な気がしますが、20代のころは、ゲームをしたり、呑みにいったりと楽しんでいました。
 一番はまっていたのは、パチンコです。寮の近くにあるパチンコやに休日は朝から行っておりました。
 当時は今と違って、一日で5万、10万と出玉が多かったので、かなり出入りの激しい打ち方をしていました。
今はまったくギャンブルはやりませんが、当時は、寮の仲間とかなり通っていました。
 そのころ貯金や投資などしていれば、今頃はもう少し資産があったかなぁとも思います。
 また、若い頃は時間がたっぷりありましので、いろいろな遊びができました。お金を使うことばかりではなく、写真を撮ったり本を読んだりゆったりと過ごしたい今日この頃ですのが、あの当時の遊び方があったので落ち着いてきたのかと思います。
 若い頃は、会社の寮などあれば、仲間もいて楽しい時間が過ごせると思います。部屋にいるときも会社にいるような感覚ですが、慣れると楽しいものです。会社によっては、借り上げのアパートなどもありますね。ウィークリーマンションにも入ったことがありますが、やっぱり壁が薄くてとなりや上下の部屋の音がきになりますね。
 お金、時間、住む場所、など若い時には自分で選べない状況もあるかと思います。サラリーマンなど特に転勤族は、転勤した先で楽しみを見つけたり、お店をみつけたり、旅をしたりとその場所でとにかく楽しむことが、寮や住み込みではたらくコツかもしれません。行ったことのない地方での生活も案外楽しいものかもしれません。